デ・リーフデ会

De Liefde Club

デ・リーフデ会へのお誘い

「デ・リーフデ会」は日蘭協会の一分科会(主に女性部会)として、1998年6月8日の年次総会で承認され発足いたしました。
この名前は1600年に日本に初めて漂着したオランダ船「デ・リーフデ(博愛)号」に因んで発足当時のナウハウス駐日オランダ大使夫人によって命名されました。同夫人はこの会の初代名誉監事に就任され、その後歴代の大使夫人に引き継がれました。
本会は日本に駐在するオランダ婦人と、かつてオランダに在住した、あるいいはオランダに関心を持つ日本婦人との相互理解ならびに親睦をはかることを目的とする会です。
主な行事としては、歴史上オランダと関わりのある史跡などをたどるバス旅行、種々の講演会、クリスマスの昼食会、および東京で開かれるオランダ絵画展のようなオランダの芸術文化の紹介等、年にあわせて4、5回ほど行っています。
デ・リーフデ会はオランダ、日本両国のより一層の友好と発展を願って、楽しく活動をいたしております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

ページの先頭へ